SponsoredLink

逓減定期保険類似保険カテゴリの記事一覧

逓減定期保険に似ている保険

逓減定期保険を説明するときに、死亡保険金をタテ軸に、契約期間をヨコ軸にしてグラフを書くと、右下がりの三角形の図になります。契約開始から年月が経つごとに死亡保険金が下がるというもの。これと似たような形の保険に収入保障保険というものがあります。これもグラフにすると右下がりです。でも両者の違いは、おおざっぱに表現するならば、死亡保険金の支払い方法にあります。


逓減定期保険は被保険者が万が一という際に、死亡保険金の全額が一括で支払われます。よって、契約はそれと同時に終了です。いっぽう、収入保障保険のほうは、死亡保険金をあらかじめ契約時に設定しておいた時点まで年金として分割して支払われるというものです。こちらは当然、最後の分割分が支払われるまで契約が続きます。


受け取り人である遺族から見ると、この年金は、言うなれば死亡した方が生前と変わらず収入を得て家族に送っているようなものです。そういう位置づけですので、契約時には定年退職予定の年齢を満期として設定するのが一般的なようです。定年退職定期の保険といったところでしょうか?


ここで気になるのは逓減定期保険から死亡保険金を一括で受け取るのと、収入保障保険で年金として受け取るのは、どちらが税法上お得なのかということです。定年退職で普通に頂く退職金にも税はかかりますが、死亡保険金としての年金がちょうど定年退職定期だからといってそれにも同等に税がかかるのだとしたら、なんだかなぁ〜って感じです。