SponsoredLink

ソニー生命の逓減定期保険喫煙リスク区分型とは

ソニー生命の逓減定期保険の説明のところに、無配当とか喫煙リスク区分型という記述があるのですが、これはいったいなんでしょうか?。無配当は文字どおりに配当がないので、保険料が安くなるものだとわかりますが、喫煙リスク区分型は何?。文字から推察すると、喫煙している人はリスクが高いので保険料に差が出ますとかそういったことでしょうか。


ソニー生命の逓減定期保険のパンフレットを見ると、やはりそういうことのようです。残念ながら保険料にどのくらいの差があるのかは書いてないですけど。保険金が高額になればさらに喫煙リスク区分で非喫煙者は割引率ア〜ップだとか。

肺がんなどの罹患率が高くなるとこれだけデータが出ているご時勢です。非喫煙者はこのくらいの優遇待遇されてもいいということでしょう。こればっかりは愛煙家は文句言えないですな(^^ゞ。世の中はすっかり禁煙ブームとなり、愛煙家はどこへ行っても大変です。今や病院の中庭で主治医と患者がぷかぷかとふかしながら談笑するなんて光景はなくなりましたね。


ところでこの喫煙リスク区分型というのは何も逓減定期保険に限ったことではないのですね。全然知りませんでしたけど、考えてみれば不思議はないですね。逓減定期保険でも増減定期保険でもない平準型にもあるわけです。保険会社からみれば保険料を多く払う事態になるリスクが高い人っていうことになりますからね。


さて、ここまでキビシク(?)追い詰められても、まだなお喫煙する人は、それはそれでライフスタイルというか生き方ということで、これ以上は他人はとやかく言えないかも。

逓減定期保険を検討中

逓減定期保険って何なの?という初歩的なところから、私の場合は始まりました。「逓減」という普段の生活では聞きなれない言葉がますます難しそうな印象をかもし出します。そもそも「逓」という字には”つぎつぎに送り伝える”という意味がある(引用:旺文社 標準漢和辞典)そうです。よって逓減とは、最初の量から少し減って次の量が決まり、その量から少し減って、また次の量が決まりというふうに、段々に減っていくさまを表わします。


ということで、逓減定期保険とは何かが段々に減っていく定期保険という意味になります。何が減るのか?。調べてみたところ、それは保険金でした。契約開始時は保険金が最も高く、年を経るごとに段々に保険金が減っているという商品。定期保険なので、あらかじめ決めた時点になると満期となり保険金が出ますが、この額は契約開始時からすると、逓減の結果、結構少なくなります。


段々に保険金が減る逓減定期保険の良さってどこ?。それは、比較的安価な保険料で(これは保険期間中ずっと一定ですが)、年齢が若い時点で万が一のことになっても、家族に大きな保険金が遺せるという点。年を経て、やがて子供も独立するころには、経済的な心配はあまりないので保険金は小額でよいというのが普通の考え方なので、逓減定額保険とは、小さい子供を持つ大黒柱向けの商品っていうところでしょうか。