SponsoredLink

ソニー生命の逓減定期保険喫煙リスク区分型とは

ソニー生命の逓減定期保険の説明のところに、無配当とか喫煙リスク区分型という記述があるのですが、これはいったいなんでしょうか?。無配当は文字どおりに配当がないので、保険料が安くなるものだとわかりますが、喫煙リスク区分型は何?。文字から推察すると、喫煙している人はリスクが高いので保険料に差が出ますとかそういったことでしょうか。


ソニー生命の逓減定期保険のパンフレットを見ると、やはりそういうことのようです。残念ながら保険料にどのくらいの差があるのかは書いてないですけど。保険金が高額になればさらに喫煙リスク区分で非喫煙者は割引率ア〜ップだとか。

肺がんなどの罹患率が高くなるとこれだけデータが出ているご時勢です。非喫煙者はこのくらいの優遇待遇されてもいいということでしょう。こればっかりは愛煙家は文句言えないですな(^^ゞ。世の中はすっかり禁煙ブームとなり、愛煙家はどこへ行っても大変です。今や病院の中庭で主治医と患者がぷかぷかとふかしながら談笑するなんて光景はなくなりましたね。


ところでこの喫煙リスク区分型というのは何も逓減定期保険に限ったことではないのですね。全然知りませんでしたけど、考えてみれば不思議はないですね。逓減定期保険でも増減定期保険でもない平準型にもあるわけです。保険会社からみれば保険料を多く払う事態になるリスクが高い人っていうことになりますからね。


さて、ここまでキビシク(?)追い詰められても、まだなお喫煙する人は、それはそれでライフスタイルというか生き方ということで、これ以上は他人はとやかく言えないかも。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5351152
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック